かね徳芦屋工房
ホームに戻る 商品一覧商品一覧
コンセプト 商品一覧 レシピ集 会社案内 店舗紹介 お客様の声 カタログ請求 FAXでのご注文
芦屋工房トップ > とびっこ誕生まで

とびっこ誕生まで

昭和43年(1968年)、ある商社よりインドネシアのスラウェシ島で、数の子のバラ子とそっくりの
とび魚卵が取れるが、これを数の子の代用として使えないかとの情報がもたらされました。
それを聞いた当社前社長の東村克コはただちに現地へ飛びました。

現地の漁師は100キロ以上も沖へ出て、海上に竹籠状の魚巣を流してとび魚を獲っていました。
その魚巣の周りに大量の卵が産みつけられるのですが、当時の漁師たちはその利用価値がない
ものとして捨てていました。

粒は数の子より一回り大きいが、色はまさに黄金色であり、口に含むとイクラにも数の子にも
ない独特のプチッとした歯切れの良さがあり、何かの商品に使えそうな予感がしました。

しかし、問題はその処理方法でした。
とび魚卵はぶどう状の房になっており、一粒一粒が絹糸状の糸でしっかりとつながれて
います。
この糸を取り外さないと商品価値がありません。

いろいろと工夫した結果、4ミリ角のステンレスの網にこすりつけて卵を落とす方法を考案し、
ようやく原料卵としての価値を見いだしました。

こうして昭和43年6月に開発されたとび魚卵は、たちまち珍味業界の注目を集める
ところとなり、味付け魚卵製品として市場に出回ることになりました。

特に昭和47年頃から魚卵好きの北海道の消費者に受け入れられ、北海道での主力商品
として常にシェアトップを守っています。

※「とびっこ」は、かね徳の登録商標です。


↑TOPに戻る


かね徳のオフィシャルサイトへ お問い合せ 個人情報について Q&A Copyright (c) 2011 KANETOKU Co., Ltd. All Rights Reserved.